メディア報道

トルシーダの活動や日本語教室のこどもたちが取り上げられました。

                         [新着順]

中日新聞

三河新報

2014年3月13日 輝く日系ブラジル人中豊留ハルミさん 

     目標を集中力で実現 来年度英留学 名古屋外大1年3カ国語こなす

中日新聞

2014年2月20日 「5カ国の言葉興味津々豊田・西広瀬小

          外国籍14人と交流

カトリック新聞

2013年4月28日 シリーズ「外国につながる子どもたち」

        学校教育を考える⑧ともに将来の「進路」探す

雑誌 サイゾー

2013年11月号 話題の在日問題が抱える真の闇 生活保護、低学歴、薬        物汚染 帰国しなかった在日ブラジル人の闇 

        子どもたちや教育の状況について語ったトルシーダ代表        と通訳さんの話が載っています。

朝日新聞

2013年4月4日 日系4世、花の三重大生 

           NPO支援で中卒認定・高校へ        

ブラジルから来日し、中学校卒業認定を取って高校に通った愛知県みよし市の日系4世、座間味パトリキさん(19)が8日、三重大の入学式に臨む。中卒認定を取った外国人…

毎日新聞  

2013年3月27日 豊田・保見団地でNPO法人運営 日本語教室から大学合格

 

2013年2月27日 大学入試:瀬戸の日系ブラジル人・中豊留さん
        名古屋外大に合格 将来、観光の仕事に/愛知

朝日新聞 いま子どもたちは シリーズ

2012年9月13日 366 日本を生きる豊田編①毎日二つの学校行き来 

   

   9月14日 367 日本を生きる豊田編②学習支援教室で基礎固め  

   

   9月15日 368 日本を生きる豊田編③お母さんの夢かなえたい 

   

   9月16日 369日本を生きる豊田編④もらえなかった卒業証書

   

   9月19日 370日本を生きる豊田編⑤部活のバドミントンで賞状 

   

   9月20日 371日本を生きる豊田編⑥手さぐりで中卒認定に合格

     

   9月21日 372日本を生きる豊田編⑦進学体験、後輩に伝える

     

   9月22日 373日本を生きる豊田編⑧ラマダン中も受験勉強

毎日新聞  

2012年8月21日 外国人の子対象日本語教室公開

毎日新聞

2009年11月4日  学びたい:外国人の教育機会 

         ●愛知豊田の日系少年「もっと勉強したかった」            ◇中3編入後、退学扱い

 

2009年11月4日 ●進学、進む街で格差「進む、住む街で格差               ◇在籍短く卒業資格取れず

ニッケイ新聞 日系社会ニュース

2009年10月5日 【雇用崩壊】  厳しさを増す外国人の雇用

朝日新聞

2009年9月24日  再就職へ日本語力磨く 

       ●豊田市とNPO「中級」教室 日系人ら26人熱心に学ぶ

中日新聞

2009年3月10日  NPO法人「トルシーダ代表」伊東浄江さん/上 

         ◇日本語学べる居場所に

2009年9月24日  NPO法人「トルシーダ代表」伊東浄江さん/下 

         ◇社会参加へ一歩を共に

日本経済新聞 

日本ブラジル共存の街 豊田・保見団地に住んでみるシリーズ

2009年4月16日不況で帰国する子どもたち 学費重く、家族が離散

2009年6月11日⑪NPO 女性が主役 我が子同然 親身の指導

 

朝日新聞

2009年3月1日  南米出身者に支援を ●日本語学習の重要性助言

    トルシーダが参加している「夢育プロジェクトの進路ガイダンス

 

中日新聞

2008年8月20日 分岐点に立つ若者たち=在日指定の悩みと将来第3回           ぴかぴかの「出口」目指して日本で高校進学に賭ける夢

2008年8月20日 分岐点に立つ若者たち=在日指定の悩みと将来第3回           ぴかぴかの「出口」目指して日本で高校進学に賭ける夢

ニッケイ新聞 日系社会ニュース

2008年5月27日 眠らぬ街<1> 【結いの心】 つながり見失って

  

    6月1日  眠らぬ街<6> 【結いの心】 この恩は永遠に

中日新聞

2008年3月5日 愛知・保見団地でシンポ=「外国人児童生徒の教育」

         (上)100人以上が熱心に参加3NPOが呼びかけ主催

 

2008年3月6日(中)学校のネットワーク課題=地域を超えて教育者集まる

 

2008年3月7日(下)ブラジル人自身立ち上がる必要=

        「母国側と連携」も 考慮して