トルシーダについて

トルシーダは、日本の学校に通っていない外国にルーツをもつ子どもたちに昼間安心していられる居場所を提供しています。物理的な場所としてだけでなく、心の居場所と考え、不就学、不登校、来日直後の外国籍の子どもの日本語教育を通して「居場所づくり」の活動を続けています。

 

目指していること

  • 子どもたちとの関わりをつくることを通して社会性をはぐくむこと
  • 地域の外国籍の住民に日本語学習の機会を提供すること
  • 外国籍の住民と地域社会とのかかわりをつくること

 

近年は家族で来日、再来日が繰り返され、その滞在が長期化する傾向にあります。子どもたちの中には継続的な教育を受けられないまま、母語でも日本語でも学力をつける機会を失い、不就学、不登校になるケースも見られます。